アンテナショップ椎葉村里人倶楽部

Only one Shiiba 大阪

     
  1. ホーム >
  2.  
  3. アンテナショップ椎葉村里人倶楽部の想い

アンテナショップ椎葉村里人倶楽部の想い

アンテナショップ椎葉村里人倶楽部のOPEN理由

商品一覧はこちら

なぜこの大阪の椎葉工務店にショップを開くの?!

それは椎葉工務店会長である椎葉重男の故郷「宮崎県東臼杵郡椎葉村」への恩返し。本村は今高齢化社会・過疎化に悩む地域の一つです。そんな村の人々の優しさ、たくましさ、謙虚さに触れ、この日本昔話に出てくるような日本一美しい「椎葉村」を、都会に住む方々に一人でも多くお伝えし、村の発展に役立ちたい! 些少ではありますがこのショップを通じてお手伝いさせて頂きたいとの思いで、開店する事と致しました。

椎葉工務店本社ビル1Fショールームの一角に設けたショップ。品数は限られますが、椎葉村の方々が「かてーり」の精神で(”かてーり”とは助け合う事)、野山の山菜、たけのこ、森の木の実やきのこたち。畑の作物。雨、土、生き物・・・ひとつひとつ丁寧に手造りで仕上げています。 その為、生産が間に合わない事もございますので、前もってご予約いただければ幸いです。ご予約はこちらから⇒ 椎葉村の皆で作った特産品を、どうぞご賞味ください!

椎葉村のみなさん

椎葉村を知りたい方、こちらをお読みください⇒

 アンテナショップOPENイベントによせて〜

 今回、都市部で初めてのアンテナショップが、近畿しいば応援団の団長である椎葉重男会長と奥様で椎葉村の観光大使である哉子さんのご理解とご協力のもと、こうしてここ大阪は枚方市でオープンすることとなり、大変ありがたく、うれしく思っております。  明るく、椎葉らしい木のぬくもりあふれる店内。予想以上の仕上がりに大変満足しています。

 また、オープンイベントに参加させていただき、たくさんのお客様に、日本三大秘境である宮崎県椎葉村で椎葉の村人たちが丹精込めて、手間暇かけて作った特産品の数々を、実際に手に取っていただき、喜んでくださったことが何よりうれしいです。 今回、干しタケノコと干しキクラゲのきんぴら、椎葉の味噌と菜豆腐、生シイタケの味噌汁に干しシイタケのバター焼き、シイタケウインナー、椎葉の大自然で放牧された豚のウインナーを試食していただきました。小さいお子様から年配の方まで、皆さん笑顔で食していただき、帰りにはたくさんお買い求めいただきました。  椎葉村の特産品を作っている皆さんも年々高齢化していますが、今回のこのショップのオープンを機に生産意欲の向上と後継ぎができていくことにつながればと期待しています。

椎葉村のスタッフさん@ 椎葉村のスタッフさんA

 これからも、「椎葉里人倶楽部 ONLY ONE Shiiba in OSAKA」を末永くよろしくお願いいたします。

椎葉村 地域振興課  

愛の聖地椎葉村

私は2019年4月に、椎葉村観光大使の任命を受けました。

日本三大秘境、平家の落人伝説、ひえつき節の里で知られる椎葉村とのご縁が出来たのは、昭和53年椎葉村出身の夫(現椎葉工務店会長)と結婚したことでした。

夫の生家は椎葉ダムの建設中に水害に合ったため裸一貫で上阪し、この枚方の地に22才の時に起業しました。夫はまるで「男はつらいよ」山田洋次原作・監督、もう皆さん多くの方は知らないでしょうね。主人公「フーテンの寅さん」のように、ありのまま生きるのが好きな人で、「地位」「名誉」「お金」、他人からの賞賛は大嫌いな人でした。遠い昔の話になりますが、夫は人を受け入れ人を信じました。都会に住む心無い一部の人から、よく利用されてきました。不思議な事に苦難にあった時もおもしろい事を見つけては、よくゲラゲラ笑う人でした。その為、私はお金で大変苦労し、子供をおんぶして夜遅くまで夫の為にただひたすら働き続けました。

椎葉村観光大使 椎葉村観光大使任命状

しゃぼん玉1 しゃぼん玉2

2017年春、椎葉村を舞台にした「しゃぼん玉(乃南アサ直木賞受賞)」(女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返し、自暴自棄な逃避行を続けていた都会の若者が、椎葉村で老人と暮らすことで改心していく話)が映画化され、都会の人間関係で疲れた私たちに、考えさせられるものがありました。若者を更生させる老人は、まるで椎葉で生まれ育った夫と重なり合って見えます。

どんな苦しみの中においても、生きることは喜びに値する。それを教えている椎葉村の無学の老人の哲学は、まさに生き字引です。ほんとうに大切なものとは、目に見えません。耳を澄ましても都会で暮らしている方には椎葉村の良さは聞こえません。椎葉村での暮らしは、多くの日本人の心の奥に眠っているに違いない「愛に満ちた優しさ」を取り戻すことが出来ると信じています。その昔、敵も味方も仲良く暮らした村は、椎葉村以外日本中探しても他には存在しないそうですよ。

あなたにとって本当に大切なものは何ですか?静かに人生を考えてみるにふさわしいところが椎葉村ではないでしょうか・・・

こんな素敵な村、椎葉村への体験ツアー、移住にご興味のある方、こちらをお読みください⇒

商品一覧はこちら